• トップ /
  • 矯正歯科で働く衛生士の仕事
バックナンバー

矯正歯科の凄い情報

歯科衛生士の仕事内容

矯正歯科で働く衛生士の仕事

矯正歯科ではスキルアップできる

矯正歯科で働く歯科衛生士は、保険診療中心の一般歯科よりも、患者の治療期間が長くなる傾向にあるため、一人ひとりとじっくり向き合い治療の過程を見ていくことになります。そのため、長い時間をかけて治療が完了し、歯並びが綺麗になったことに喜ぶ患者に対して、やりがいや充実感を感じられる仕事です。また矯正歯科の歯科衛生士は、一般歯科医院よりもセミナーや勉強会などへの出席が多い傾向にあります。新しいことにチャレンジしたり、新たな知識を身に着けスキルアップしたいと考える人に向いている仕事といえます。矯正装置を装着している患者の口腔内は、通常よりも虫歯などのリスクが高まる傾向にあります。そのため業務の中には矯正装置をつけた状態で行う歯磨き指導など、専門性の高い仕事も多くこなさなければいけません。歯磨き指導をはじめ歯周病の管理、予防などは一般歯科と比べて深い知識と丁寧な指導が必要とされ、技術向上につながります。矯正歯科では、丁寧なカウンセリングが求められるため、初診の患者には矯正治療の概要だけでなく費用や支払い方法まで説明を行うのが重要です。その他には舌のトレーニングや生活習慣における癖の改善といったコーチングも、矯正歯科で仕事を行う衛生士の重要な仕事と考えられています。

↑PAGE TOP